借金解決.JP s-kaiketsu.jp

SHINONOME 私たち東雲グループの理念

あなたの借金問題をプロのノウハウで解決します。ラジオ番組出演中「お金の悩み110番」「お金の知恵袋 ~星野さん教えて~」詳しくはこちら

ホーム > よくある質問 > 身内の借金の巻き添えに

よくある質問

身内の借金の巻き添えに

両親に借金がある場合、子である自分にはどのような影響がありますか。親が債務整理をすればすべて解決されるの?

回 答

連帯保証人になっているかいないかで状況が大きく変わります。親の借入れの連帯保証人に子どもがなっているような場合、親が借金を整理すると連帯保証人である子どもに一括での請求がされます。子どもがこれを返済できる状態になければ、子どもも何らかの債務整理が必要になります。

連帯保証人になっていなければ、法的な返済義務は当然ありませんが、おもに同居している子どもは親の借金にひっぱられる、即ち、親が返済に追われるなかで「子どもに援助を求める」→「子どももお金がなくなる」→「子どもが借入れで親を援助をする」→「子どもの借金も膨らむ」、といった悪循環が生まれることが多々ありますので注意が必要です。

そうなる前に司法書士にご相談ください。また、そうなってしまっている方も今すぐご相談ください。

よくある質問の一覧へ戻る

星野 大記

代表 星野 大記 司法書士 行政書士

各ラジオ番組に出演中!
・お金の悩み110番
詳しくはこちら


  • SHINONOME 司法書士法人 行政書士法人 星野合同事務所
  • 無料相談のお申し込み 0120-964-395
    平日:9:00~18:00
    メールは24時間365日受付
    ただ今の時間受付中
  • 無料相談フォームへ