借金解決.JP s-kaiketsu.jp

SHINONOME 私たち東雲グループの理念

あなたの借金問題をプロのノウハウで解決します。ラジオ番組出演中「お金の悩み110番」「お金の知恵袋 ~星野さん教えて~」詳しくはこちら

ホーム > よくある質問 > 家に住めなくなる?

よくある質問

家に住めなくなる?

借金を返せないので債務整理をしたい。でも債務整理をすると今住んでいる家も全て手放さなくてはならなくならないのでしょうか。

回 答

自己破産をする場合は、基本的に住宅を手放すことになります。

自己破産をすると、お持ちの財産を原則として換価する(金銭に換える)ことになりますので、住宅を持っている場合は破産手続の中で売却・換価されます。そのため、破産をするとご自宅も失うことになります。

個人再生の場合は、一定の条件のもと住宅ローン特則というものを利用することで、住宅ローンを支払いながらご自宅を残すことが可能です。住宅ローンを抱え、その他の借金もあるような方が自宅を残したい場合に効果的です。

任意整理の場合は住宅ローンを整理の対象とすることはほぼありませんので、住宅を残すことができます。

よくある質問の一覧へ戻る

星野 大記

代表 星野 大記 司法書士 行政書士

各ラジオ番組に出演中!
・お金の悩み110番
詳しくはこちら


  • SHINONOME 司法書士法人 行政書士法人 星野合同事務所
  • 無料相談のお申し込み 0120-964-395
    平日:9:00~18:00
    メールは24時間365日受付
    ただ今の時間受付中
  • 無料相談フォームへ